義母さんに水着を買ってもらった話

義母さん、62歳。プール指導員のお仕事をしている。

今年の春から、孫である私の息子(年長さん)にも指導をつけてもらっている。

義母さんの通うプールに、指定された時間に息子を連れて行き、着替えさせ、受け渡し、私は一時間ボーっと二階から見学している。

息子はヘタレで、水に顔すらつけられないが、義母さんに手を引かれ水の中に浮いている姿をみると、あぁ気持ちよさそうだな、と思った。

指導が終わり、更衣室で息子を渡されたとき、なにげなく義母さんに、

「気持ちよさそうで、私も入りたくなりました」

と言ったところ、義母さんの顔がぱっと輝いた。

「あら、やってみる? 水着買ってあげるからいっしょに入りましょうよ!」

 

で、お言葉に甘えて義母さんがオフの日に、ふたりで水着を買いにいった。

向かったのは義母さん御用達、御徒町ジュエンというお店。

いわゆるアメ横という場所なんだけど、子供の頃に一回いったきりでほとんど記憶が無かったので、あんなにスポーツ用品店があるとは知らず、びっくりした。そして安い。

義母さんの事前チェックの賜物で、行った日はほぼ全てのスポーツ用品店が20%オフで、しかも義母さんが持っているカードで更に10%オフ、という鬼のようなオフデーだった。

 

私はまともに水泳をやるのははじめてなので、義母さん指導のもと、とりあえずはフィットネス水着のような、セパレートタイプがよいのではということで、いくつか試着してみる。

義母さんいわく、明るい色で、すこし派手な方がプールに映えて良い、とこんなのをお薦め頂いた。

item.rakuten.co.jp

 ...実際は、これよりはるかに派手。というか、派手な水着が八割。少女漫画のキラキラが絵で表現されているような模様ばっかり。すごかった。

義母さんは、キラキラした中に、ガーベラのようなお花があしらわれている水着を買っていた。うん、義母さんにとても似合ってる。

私も30年後だったら似合うかもしれない、と、ちょっと思った。

さすがに、全然泳げないのにやる気満々な水着は恥ずかしい...。結局、こんな感じの無難なのを買ってもらった。

 脇腹に、パンツと接続するスナップボタンがついていて、腕を上げても上着がずり上がってこないのが気にいった。

私は目が悪いので、度入りのゴーグルも買ってもらう。ゴーグルなのによく見えて便利。今度のスイミングの時間が楽しみだ。

 

その後、私、夫、息子のスニーカーや、お昼ごはん、タピオカジュースまでおごってもらい帰宅。本当に義母さんには頭が上がらない。ありがとうございました。

よく考えたら、義母さんとふたりきりでお買い物に行ったのははじめてだった。とても楽しかったよー。