ゼンタングルのすゝめ

 ゼンタングルとは、決まったメソッドにもとづいてパターンを描いていけば、アートの知識や技術がなくとも美しい模様を描くことができる技法のことです。

たとえばこんな模様が、かんたんに描けます。 

https://instagram.com/p/0nNRe6N2GI/

#zentangle #ゼンタングル

わたしはもともと絵を描くことが好きで、小さいころから紙とペンがあれば、何時間でもおとなしくお絵かきしているような子でした。

もちろん、そこまで上手でもないし才能もなかったわけですが、高校でも、選択授業(わたしの高校では芸術関連の授業は、美術、音楽、書道のどれかひとつを選べた)でいちばん不人気だった美術を選択したし、三つ子の魂百までとはよくいったものです。

大人になってからは、みずから描いたりする機会は少なくなったものの、なんとなく手持ち無沙汰のときに落書きしたり、その落書きを他人にほめられてうふふ、と地味に喜んだりしていました。

子供を産んでからは息子の要求のまま、アンパンマン、電車、バスなどを適当に描き散らしては 破かれ、舐められ、捨てられるという生活。

 

そんなときに出会ったのがゼンタングル。

わたしの趣味のひとつであるネイル関連のブログを見ていたときに、ネイルアートの参考になるかも、と紹介されていたのがきっかけ。

 

ゼンタングル (ブティックムックno.1119)

ゼンタングル (ブティックムックno.1119)

 

 この一冊で、ゼンタングルで基本となる、ほとんどのパターンが掲載されています。

わたしのなかでくすぶっていた、久しぶりに自由に絵を描きたい~でもモチーフが思い浮かばない~という問題を、スパっと解決してくれました。

何も考えずページをひらき、目についたパターンを描いていると、無心になるのかいつのまにか心穏やかになってゆき、いつのまにかキレイな模様ができあがる。すばらしい。

ゼンタングルの「ゼン」は「禅」で、心を落ちつかせ、精神統一する目的にも用いられるんだそうです。

 

モチーフのなかのひとつ、リックズパラドックスというパターンの描きかたを図にしてみました。

まず、このように、四角を適当に三角に区切ります。

 f:id:yuanne-i:20150918143647j:image

f:id:yuanne-i:20150918143653j:image

どうでしょう? 思ってたよりかんたんじゃないですか??

わたしは本に書かれているとおりに、ミリペンや陰影用のマーカーを買ったりしましたが、じっさいは道具など関係なく、紙切れやチラシの裏に、そのへんのボールペンですぐに描くことができるし、陰影をつけたければ鉛筆をティッシュでぼかしたりするのでも大丈夫。

パターンはゼンタングルでネット検索すれば、描き方をふくめていろんなモチーフがでてきます。

ゼンタングルのいいところは、絵の上手い下手があまり関係ないので、だれでもちょっと時間があるときに、気軽にアート気分を味わえるところだとおもいます。

そして描き終えたあとは気分すっきり。ふしぎ。